コトリフルリ
bienvenue  aux  appartements
Kotori  Fleuri
コトリフルリへようこそ。主のウチダです。
それぞれのお部屋で、日々 縫ったり歌ったり書いたりしています。
窓からお入り下さい。お靴もどうぞそのままで。
(お知らせannonce・ひとりごとkotorigotoは下に続きます↓)
 
 
kotorigoto 2/06,3/21,05/05
 
11/21 新しい布のご紹介です→
9/28 新しい布のご紹介です→
8/22 「プロヴァンス布の勝手な考察」→
4/14 古布「パリの呼び売り人」→
 
 
 
 
  Kotori  Fleuri     Akiko  UCHIDA     FUKUOKA
 コトリフルリ 内田明子  福岡市中央区在住
 
  Copyright©2009 Kotori Fleuri.  All rights reserved.
kotorigotoことりごと
2018/05/05
ここにきて3月の話題ですみません。
 
興味はあれども実際その場所に出向くには
多少なりとも「ヨッコラショエネルギー」のいる歳になりました。
異国の友人の熱望というパワーリフトが無かったら
直島・豊島・犬島を巡る旅は実現しなかったと思います。
 豊島美術館への道とミュージアムショップ
アートを語る資格など到底ございません。
ここは「ほんとうにおもしろかった」でお許し下さいませ。
 犬島「家プロジェクト」A邸
強いて言わせて頂ければ
これまで
わたしたちは?ひとは?
どうくくって良いか分かりませんが
何か大きなお金が動くプロジェクトが立ち上がる時
「老若男女」「子どもから大人まで」というキーワードに
縛られ過ぎていたのではないか
と感じました。
 犬島到着
安全も採算も大事なことですが
それが優先されるばかりに
知り得なかった表現があるのだなぁと。
 
福岡でお買い物に走る海外の方々を見慣れているので
お土産屋さんも物産展もない島々に
特に欧米から(と見られる)観光客が多かったのも
印象的でした。
 
直島の「家プロジェクト/南寺Minamidera」は
自分の記憶に一生残ると思います。
旅にありがちな友人との喧嘩の思い出とイッショに。
 
 
 
と、小さい言動に国家を背負わせがち。
わたしも気を付けます。
 
 
 
annonce
 
 
お財布・ポーチなど納品させて頂きました。
母の日用?いつもより色んな種類がご覧頂けます。
五月の緑が美しい湯布院へおでかけの際は
是非お立ち寄り下さい。