オランダのプロヴァンスプリント
2018年8月27日月曜日
今年、パリで初めて訪ねた手芸品店で
過去見た事が無い雰囲気の
プロヴァンス柄を見つけました。
布の端に会社名を探すと英語表記。
お値段からすると、ひょっとして輸入品では?と思い 
お店の方にどこの国の製品かおたずねしました。
予想は的中。
「フランス製よ。」と
当たり前のようにおっしゃいます。
 
パンが出来るまで
2017年11月21日火曜日
これまで、本棚やワイン柄、ファサード柄等々、
あまり日本で見る事のないフランスの布をご紹介して参りました。
 
ファサード柄の布
2017年9月28日木曜日
 
 
プロヴァンス布の勝手な考察
2017年8月22日火曜日
 
 
パリの呼び売り人  
2017年4月14日金曜日
 
パリ・ヴァンヴの蚤の市で、
アンティーク布を売るマダムのトランクの片隅に
クッシャクシャっと入っていた布には
中世らしき時代に働く人々が描かれていました。
 
カーテンだったのか、何かの作りかけだったのか、
けっして大きい布ではありません。
縫い込んだ部分もあり、生活のシミもありました。
人物の顔も、洗いざらしで消えたのか、もともと描かれていなかったのか。
ただその柄をどうしても見過ごす事が出来
 
 
top pageに戻る